ホンダのクルマ 日記 忍者ブログ
ホンダのクルマ,ディーラー情報,ニュースをお伝えします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

徳大寺有恒氏、「間違いだらけのクルマ選び」シリーズを復活へ

 「今年の暮れか来年の初めには出したいと思ってます。今度はクルマの歴史
 を強調して書きたいと思ってます」
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/nichiyou/20081106ni_01.htm?from=yoltop

PR

徳大寺有恒氏、「間違いだらけのクルマ選び」シリーズを復活へ

 「今年の暮れか来年の初めには出したいと思ってます。今度はクルマの歴史
 を強調して書きたいと思ってます」
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/nichiyou/20081106ni_01.htm?from=yoltop

ホンダ、「ライフ」を全面改良。94.5万〜168万円。月販計画1万3000台

 室内高をこれまでより3cm、前席と後席の距離を8.5cm伸ばし、大人4人でも
 ゆったりと座れる。リアシート下のフロアを低床設計とした事に加え、サイ
 ズを拡大し、厚みも25mm増したリアシートクッションなどで、後席の快適性
 を向上。大きなウインドウや細いピラー、大きなテールゲートウインドウ、
 リアクォーターウインドウの設定、後席のシートバック形状の工夫、埋め込
 み式ヘッドレストの採用などによる全方位360度良好な視界、軽自動車初の
 バックモニター(4.3インチ液晶)付オーディオなど、より運転のしやすさを
 向上させた。

 先代で導入した駐車支援システム「スマートパーキングアシストシステム」
 は、前進時だけでなく後退時にまでステアリング操作を自動化した。乗員の
 着座位置、衝突形態に幅広く対応する世界初の運転席用i-SRSエアバッグシ
 ステム<連続容量変化タイプ>を搭載。新開発プラットフォームの採用で、
 高張力鋼板に頼らず、約40kg軽量化した。

 3つのバリエーションを設定。シンプル・モダンで実用的な「Gタイプ」、専
 用フロントバンパーやエアロパーツなどでスポーティさを演出した「DIVA」
 に加え、上品・上質でおしゃれな「PASTEL」を新たに追加。PASTELはエレガ
 ントさを強調し、愛着のわく表情豊かな印象を与えるグリルデザインを採用。
 グリルまわりにクロームメッキを採用し、艶やかな煌めき感を表現した。
 全車4速AT。10・15モード燃費21.0〜17.8km/L。「エコランプ」を装備する。

 「軽自動車は日本の自動車市場の中でも非常に重要で本格的に力を入れてい
 かなくてはならない。新型ライフは戦略車種と位置づけている」、「乗る人
 を第一に考えて運転しやすく使いやすい、人々の生活に役立つ車を目指した」
 と福井社長。八千代工業の四日市製作所で生産する。
http://www.honda.co.jp/news/2008/4081106-life.html
http://mainichi.jp/select/biz/news/20081107k0000m020037000c.html
http://car.nikkei.co.jp/news/newcar/index.cfm?i=20081106c2000c2
http://www.sponichi.co.jp/car/flash/KFullFlash20081106064.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000025-fsi-ind
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000071-san-ind
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/CAR/20081106/160874/
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20081106/20081106-00000085-nnn-bus_all.html

ホンダ、「ライフ」を全面改良。94.5万〜168万円。月販計画1万3000台

 室内高をこれまでより3cm、前席と後席の距離を8.5cm伸ばし、大人4人でも
 ゆったりと座れる。リアシート下のフロアを低床設計とした事に加え、サイ
 ズを拡大し、厚みも25mm増したリアシートクッションなどで、後席の快適性
 を向上。大きなウインドウや細いピラー、大きなテールゲートウインドウ、
 リアクォーターウインドウの設定、後席のシートバック形状の工夫、埋め込
 み式ヘッドレストの採用などによる全方位360度良好な視界、軽自動車初の
 バックモニター(4.3インチ液晶)付オーディオなど、より運転のしやすさを
 向上させた。

 先代で導入した駐車支援システム「スマートパーキングアシストシステム」
 は、前進時だけでなく後退時にまでステアリング操作を自動化した。乗員の
 着座位置、衝突形態に幅広く対応する世界初の運転席用i-SRSエアバッグシ
 ステム<連続容量変化タイプ>を搭載。新開発プラットフォームの採用で、
 高張力鋼板に頼らず、約40kg軽量化した。

 3つのバリエーションを設定。シンプル・モダンで実用的な「Gタイプ」、専
 用フロントバンパーやエアロパーツなどでスポーティさを演出した「DIVA」
 に加え、上品・上質でおしゃれな「PASTEL」を新たに追加。PASTELはエレガ
 ントさを強調し、愛着のわく表情豊かな印象を与えるグリルデザインを採用。
 グリルまわりにクロームメッキを採用し、艶やかな煌めき感を表現した。
 全車4速AT。10・15モード燃費21.0〜17.8km/L。「エコランプ」を装備する。

 「軽自動車は日本の自動車市場の中でも非常に重要で本格的に力を入れてい
 かなくてはならない。新型ライフは戦略車種と位置づけている」、「乗る人
 を第一に考えて運転しやすく使いやすい、人々の生活に役立つ車を目指した」
 と福井社長。八千代工業の四日市製作所で生産する。
http://www.honda.co.jp/news/2008/4081106-life.html
http://mainichi.jp/select/biz/news/20081107k0000m020037000c.html
http://car.nikkei.co.jp/news/newcar/index.cfm?i=20081106c2000c2
http://www.sponichi.co.jp/car/flash/KFullFlash20081106064.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000025-fsi-ind
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000071-san-ind
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/CAR/20081106/160874/
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20081106/20081106-00000085-nnn-bus_all.html

◆9月の国内新車販売(軽自動車を除く)、
前年比5.3%減の31万0992台

 2カ月連続マイナスに。トヨタ(レクサス除く)が6%減の
 12万7810台で2カ月連続減、日産が11.3%減の5万3289台
 で2カ月連続減、ホンダが12.5%増の4万1922台で11カ月
 連続増。自販連
 
 9月新車販売は‐5.3%、08年度上期は‐2.9%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000397-reu-bus_all
9月の新車販売、5.3%減 軽自動車も3.3%減少
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081001AT3K0101301102008.html
自販連のホームページ
http://www.jada.or.jp/


◆9月の軽自動車販売、前年比3.3%減の16万5827台。
2カ月連続マイナス

 ダイハツが5.7%増の5万5322台、スズキが1.5%増の
 4万8790台で共に6カ月連続増。ホンダが26.2%減 1万
 7211台。日産が3.6%増 1万4512台。全軽自協
 
 
9月軽自動車販売は前年比‐3.3%、2カ月連続減
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000385-reu-bus_all

全国軽自動車協会連合会
http://www.zenkeijikyo.or.jp


◆2008年度上期(4〜9月)の新車販売(軽を除く)、
前年比2.9%減の154万3092台

 ピークだった1990年度上半期(289万7699台)比で5割弱
 減少し、1974年度上半期(148万877台)の水準まで落ち込んでいる。

 トヨタは1.8%減の69万3463台、日産は5.3%減の25万
 2137台、ホンダは11.9%増の20万3280台に。マツダが
 0.7%、三菱自動車が23.3%減った。スズキは1.9%伸びた。自販連
 
9月新車販売は‐5.3%、08年度上期は‐2.9%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000397-reu-bus_all


◆2008年度上期(4〜9月)の軽自動車販売、前年比2.4%減の87万4746台

 ダイハツが4.5%増の30万146台で、2期連続でトップ。
 シェアは34.3%。スズキは0.8%増の27万7355台。
 シェア3位はホンダで19.4%減の8万8917台。

 4位は日産で0.3%減の6万5698台。スバルが10.5%減の
 5万9799台、三菱自動車が13.8%減の5万494台。マツダが
 1.8%増の2万7832台。
 
 上期の新車販売、登録車はピーク時からほぼ半減
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34043220081001


◆2008年度上期(4〜9月)の新車総販売、前年同期比
2.7%減の241万7838台 3年連続マイナス。
1978年度以来30年ぶりの低水準に。
 
今年度上半期の新車販売台数、3年連続で前年実績下回る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000045-yom-bus_all

新車販売、78年度以来の低水準 4―9月2.7%減
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081001AT1D0107W01102008.html

フリーエリア


ブログ内検索
無料・カウンター
Today:

Yesterday:


無料 出会いデリヘル 東京裏dvd 販売人妻ローター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]